新刊案内:アイアンマンのつくり方。

2010. 03. 07

im_tukuru.jpg

ファンライドブックスよりDr.彦井こと彦井浩孝氏の著書「アイアンマンのつくり方。」が発売された。

水泳3.8km自転車180.2kmランニング42.2km――トライアスロンの中でも、最もハードにして、随一の人気を誇る「アイアンマン」。超持久系トライアスロンを楽しむアスリートたちは、限られた時間の中でいかにして強くなるのか?自身、20年近くこのスポーツに取り組み、アイアンマン完走歴31回のドクター(運動生理学)彦井浩孝氏が自らの経験を踏まえて分析する。

これまでの常識にとらわれないトレーニング・栄養情報から、持久系スポーツを長く楽しんでいくためのメンタリティまで、トライアスリートだけでなく、サイクリストやランナー、スイマーのトレーニングライフにも役立つ、最新サイエンス情報満載の一冊。

 

 

 

【著者プロフィール】

彦井浩孝(ひこいひろたか)

オレゴン州立大学健康人間科学研究科博士課程修了。川崎市立看護短期大学非常勤講師(栄養と代謝)、川崎看護専門学校非常勤講師(生命科学)、博士(Ph.D)。専門は、運動生理学・栄養学・トレーニング学。1980年代後半、テレビで観たアイアンマン・ハワイの世界に魅せられ、トライアスロンを始める。以後、エイジグルーパーとしてアイアンマン・トライアスロンに挑戦。通算31回完走。アイアンマン・トライアスロン・ワールドチャンピオンシップ(アイアンマン・ハワイ)には10回の出場を果たしている。また、2009年からはキャノンデール・ファクトリー・レーシング(CFR)のヘッドコーチとして、MTB男子XCライダーの山本和弘選手の指導も手がけている。1965年、京都府生まれ。

 

 

1,680円(税込)/A5判/192頁

2月20日発売/funrideBOOKS

 

お問い合わせ

ファンライド

http://funride.jp/