連載コラム「宮古島からの現地生情報!」第2回

2010. 03. 05

miyako_rensai_2.jpg

みなさんこんにちは! 2010年4月18日開催、第26回全日本トライアスロン宮古島大会が近づいてきました。第二回の今回は、宮古島与那覇前浜で行われるスイム3kmに関しての情報を提供させていただきます。

気象情報(気象庁過去30年観測記録参照)からです。スイムスタート午前7時頃の気温は21〜23℃、湿度80%前後、風速4m/s前後が予想されます。例年スタート前は肌寒く感じることも、蒸し暑く感じることもあります。水温は23度前後が予想され、ウエットスーツはロングジョンで参加する方も少なくなく、またフルスーツでも暑すぎるということもありません。

 

 

miyako02.jpg

 

スイムコース図(第25回ストロングマンテキストより抜粋)をご覧ください。

第26回大会もこのコースと同じと仮定します。スタートとゴールは全く別の地点で、第一コーナー(B地点)と第二コーナー(C地点)を回るコースです。スタートはトップ選手のフローティングを除きビーチからの一斉スタートです。ビーチには3kmの目安タイムごとに立て札があり、一般的には速い選手から先に沖に向かうこととなります。自分より速いグループに入ると後方からの追い抜きに苦労し、逆に遅いグループに入ると追い越しに苦労することになります。スタート地点のビーチ幅は約50mです。トップ選手以外は中央かやや沖に向かって左側からスタートする傾向があります。沖に向かって右側からスタートすると、確かに最短距離を狙うことになりますが、後述する潮の流れや、右へカーブする第一コーナー(B地点)でロープやブイに押しつけられ苦労する可能性があるからです。

次にランドマーク(目印)に関してです。第一コーナー(B地点)には大型ブイが例年設置されていますが、スタート地点からの視認はほとんど困難でいつも不安になります。トップ選手も視認困難のようで、鈍角のコーナーのため知らないうちに通過していることも少なくないようです。第一コーナー(B地点)までは当然コース内は混雑し、泳ぎながらの視認はさらに困難を極めます。残念ながら沖にランドマーク(目印)になるようなものはありません。スタートから第一コーナー(B地点)までは600m。泳ぎながらの距離感が重要になります。第一コーナー(B地点)をまわると、コースの混雑は徐々に改善されてきます。次は、1100m先の第二コーナー(C地点)を目指します。ここには例年大型ヨットが停泊し、マストを視認しながら泳ぐことになります。ただし、第二コーナー(C地点)も大型ブイです。大型ヨットはコーナーの外側に停泊しています。ヨットよりかなり内側を鋭角に右に回るようにしてください。第二コーナー(C地点)をまわればあとは1300m先のゴールを目指すのみです。

 

miyako02_01.jpg

写真1

 

ヘッドアップをすると写真1のように宮古島東急リゾートホテルの建物が視認できます。しかし、この建物よりやや右側を目指してください。

 

miyako02_02.jpg

写真2

 

写真2のように、できれば丸く茂った木を目指してください。蛇行することなくぴったりゴールにたどり着けるはずです。スイムゴールへのラッキーツリーです。
最後に、潮流に関してです。潮流の予測は専門家でも難しいことのようです。あくまで予測としてご了承お願いいたします。潮汐推算を見ると、スタート7時潮位160cm、9時頃満潮潮位184cmです。

 

miyako02_03.jpg

潮流予想図1

 

この場合、潮流予想図1のように南東から(スタートから沖をみて左から右)の緩い流れになる見込みです。つまり、第一コーナー(B地点)から第二コーナー(C地点)は追い潮、第二コーナー(C地点)からゴールは向かい潮の予想です。

 

miyako02_04.jpg

潮流予想図2

 

プロダイバーによる別の予測としては、潮流予想図2のようにこの地区の海岸近くは沖と反して潮が流れるときがあるということです。これならば常に追い潮で泳ぐことができます。一方、第22回大会は予想と全く逆の潮が強く流れ、海況が悪かったために多くのスイムリタイヤ者が出ました。今回の予測は参考程度に留めてください。向かい潮時、前浜の透明度は高く、見えている海底がなかなか移動せず、初心者は焦ることがあるかもしれません。ややピッチを速くして泳げば、必ず前進しています。焦らず泳ぎ続けましょう。あくまでもアンオフィシャルな立場の情報なので、詳しくは大会公式ページを随時ご確認ください。

 

連載コラム「宮古島からの現地生情報!」第1回

連載コラム「宮古島からの現地生情報!」第3回

連載コラム「宮古島からの現地生情報!」第4回

 


 

2010宮古島大会Q&A

Q6:現地でスイム練習はできますか?

A6:できます。大会スイム会場の与那覇前浜ビーチ以外に、市街地から最も近いパイナガマビーチもお勧めです。どちらもシャワー・トイレ・駐車場完備しています。室内プールはスポーツアカデミー宮古島があります。

過去のFAQはこちら

 

(2010宮古島大会Q&Aは毎回つづきます。ご質問は、宮古島スポーツ科学センター(MSSC)までご連絡ください。)

 

 

 


MSSCによる第26回宮古島大会直前情報!ホームページ

(宮古島スポーツ科学センター 編)