世界選手権シリーズ初入賞・崎本5位、上田7位(第1戦シドニー大会)

2011. 04. 11

4月10日(日)オーストラリアシドニーで2011年世界選手権シリーズが幕を開けた。ロンドンオリンピックが翌年に迫った2011年の初戦にふさわしく昨年のシリーズ上位65名がスタートラインに立った。

オリンピックデビューの地・シドニーを舞台に降りしきる雨をも寄せつけない激しい戦いを繰り広げた。

2位には昨年のシドニー大会1位のバルバラ・リベロス・ディアス(チリ)、3位にはアンドレア・ヒューイット(ニュージーランド)が入った。

日本復興へ"Sturdy Team Japan"を胸に世界の強豪と戦った日本選手は崎本智子(愛媛県協会)が5位、上田藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)が7位と健闘。

ともにシリーズ初入賞を飾り5月に横浜で開催される世界選手権シリーズ第2戦に弾みをつけた。

男子は昨年のシリーズチャンピオンハビエル・ゴメス(スペイン)が優勝。今シーズンも好調なスタートを切った。2位にはジョナサン・ブラウンリー(イギリス)、3位にはアテネオリンピック銅メダルのスベン・リーデラー(スイス)が入った。

山本良介(トヨタ車体)は33位に終わった。

 

開催日:2011年4月10日
開催地:オーストラリア・シドニー
競技距離:オリンピックディスタンス(51.5km スイム1.5km/バイク40km/ラン10km)
ITU(国際トライアスロン連合)公認

 

<女子トップ3と日本人選手の成績>
1位 ポーラ・フィンドリー(カナダ) 2:01:21
2位 バルバラ・リベロス・ディアス(チリ) 2:01:24
3位 アンドレア・ヒューイット(ニュージーランド)02:01:29
5位 崎本智子(愛媛県協会) 2:01:40
7位 上田藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)2:02:02
19位 足立真梨子(トーシンパートナーズ・チームケンズ)2:03:22
47位 佐藤優香(トーシンパートナーズ・チームケンズ)2:06:18
DNF 井出樹里(トーシンパートナーズ・チームケンズ)
DNF 土橋茜子(トーシンパートナーズ・チームケンズ)
DNF 庭田清美(アシックス・ザバス)

 

<男子トップ3と日本人選手の成績>
1位 ハビエル・ゴメス(スペイン)1:50:22
2位 ジョナサン・ブラウンリー(イギリス)1:50:28
3位 スベン・リーデラー(スイス)1:50:33
33位 山本良介(トヨタ車体)1:53:07
DNF  細田雄一(グリーンタワー・稲毛インター)
*男子リザルトは速報値

 

jtu_20110411_01.jpg.jpg

5位入賞の崎本

 

jtu_20110411_02.jpg.jpg

7位入賞を果たした上田

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
(社) 日本トライアスロン連合(JTU) 事務局
JTU事務局 TEL03-5469-5401(代)
配信日:2011年4月10日