995名のトライアスリートが横浜の街を駆け抜けた

2011. 09. 20
2011yokoham_age_01.jpg 2011yokoham_age_02.jpg 2011yokoham_age_03.jpg

 

9月18日(日)、神奈川県横浜市の山下公園トライアスロン特設会場で2011ITUトライアスロン世界選手権シリーズ(WCS)横浜大会エイジグループ・パラトライアスロン・リレーのレースが行われた。

 

大都市横浜を舞台に行われた今回のレースは、日本郵船氷川丸の手前を回るスイムコース、横浜の市街地を走るテクニカルなバイクコース、山下公園をメインとしたランコースで構成された。

 

当日は995名のエイジグループ・パラトライアスロン・リレーの選手が参加。最年少19歳から最年長77歳までの選手が、横浜の街を駆け抜けた。

 

 

 

 

  

 

 

2011yokoham_age_04.jpg


 

各カテゴリー別の優勝者は以下の通り。

 

【エイジグループ】

 

<24歳以下男子>

山崎 裕太(学生連合) 2:19:22

 

<25-29歳>

男子 外山 高広(埼玉県連合) 2:05:19
女子 太田 麻衣子(千葉県連合) 2:25:05

 

<30-34歳>

男子 今村 圭孝(神奈川県連合) 2:09:01
女子 中島 聖子(兵庫県協会) 2:28:02

 

<35-39歳>

男子 八田 益之(神奈川県連合) 2:14:43
女子 松本 華奈(島根県協会) 2:25:29

 

<40-44歳>

男子 山口 俊宗(東京都連合) 2:15:36
女子 川嶋 明子(東京都連合) 2:43:26

 

<45-49歳>

男子 石鍋 聖一(兵庫県協会) 2:19:06
女子 村田 祥乃(静岡県協会) 2:38:38

 

<50-54歳>

男子 塚越 達也(神奈川県連合) 2:19:04
女子 平松 かおり(神奈川県連合) 2:49:46

 

<55-59歳>

男子 大西 哲夫(兵庫県協会) 2:33:14
女子 宮内 昌子(東京都連合) 3:01:15

 

<60-64歳>

男子 岡本 正夫(神奈川県連合) 2:40:17
女子 野上 ジエラルディン(東京都連合) 2:59:56

 

<65-69歳>

男子 人見 光義(神奈川県連合) 3:07:27

 

<70-74歳>

男子 小林 達雄(愛知県協会) 2:53:08
女子 山崎 明子(神奈川県連合) 4:30:50

 

<75歳以上>

男子 阪本 一雄(大阪府協会) 3:42:17

 

 

【パラトライアスロン】

 

<TRI5>

マイケル・ジョンストン(アメリカ) 1:20:40

 

<TRI6-M>

1 柳川 春己(佐賀県協会) 1:36:03
2 長井 敬二(大阪府協会) 1:36:18

 

<TRI6-F>

柏木 佳子(大阪府協会) 1:40:35

 

【リレー】

男子 WWT(南 信二・横溝 務・蓮池 正一:神奈川県連合) 2:31:24
混合 チームM&M(望月 光樹・望月 美和・望月 光紀:山梨県連合) 2:19:22

 

 


 

■選手コメント


外山 高広(埼玉県連合)

外山 高広(埼玉県連合)
横浜の街を走りたいと思ったことが、レース出場を決めた一番の理由。スイムからすべてトップでレースを進めていこうと決めていた。テクニカルなバイクコースだったため、コーナーの立ち上がりで苦労したが、思い通りのレースができた。来週のジャパンカップ村上大会に出場する予定。また10月に行われる日本選手権で10位以内に入ることが目標。

 

太田 麻衣子(千葉県連合)

太田 麻衣子(千葉県連合)
今年からコーチ業の勉強を始めたため、思うように練習はできなかったが、周りの声援に後押しされた。自分のペースで走ることができ、余裕が生まれたので、ほかの選手と声を掛け合いながらレースができた。スイムで一気に差をつけることを意識してスタートした。普段デートスポットである山下公園を競技しながら走ることができ、楽しかった。

 

マイケル・ジョンストン(アメリカ)

マイケル・ジョンストン(アメリカ)
北京WCSGFからの連戦で、横浜にやってきた。北京のほうがきついコースだったが、このコースも鋭角のカーブがたくさんあって十分テクニカル。横浜の人はみんな温かく迎えてくれて、声援がすごい。すしや中華料理などの食べ物もとてもおいしくて気に入っている。また、横浜はとても安全なまちだ。来週は、スペインのデュアスロンに出場する予定。

 


チームM&M(望月 光樹・望月 美和・望月 光紀:山梨県連合)

チームM&M(望月 光樹・望月 美和・望月 光紀:山梨県連合)
2年前の世界キッズトライアスロン大会に息子が出場していたから、コースの雰囲気は分かっていた。このコースを家族で走れたのはとても幸せ。ランコースである象の鼻パークは景色が良いのだがとても暑く大変だった。スイムで息子が良いタイムを出し、バイクではボトルのストローが外れるトラブルがありつつも頑張ってくれたおかげで優勝できた。

 

 


 

 

この記事に関するお問い合わせ先
(社) 日本トライアスロン連合(JTU) 事務局
JTU事務局 TEL03-5469-5401(代)
広報担当:090-3204-3126