2020年オリンピック・パラリンピック招致へ!お台場合衆国アクアスロン2013

2013. 09. 06

2013年9月7日、2020年東京オリンピックトライアスロン、ビーチバレー、オープンウォーターの競技候補地となっているお台場海浜公園で、『お台場合衆国アクアスロン2013』が開催された。お台場での開催は、2010年から数えて3回目となる。

 

「ソロの部A(スイム1.5㎞+ビーチラン2.5㎞)」、「ソロの部B(スイム0.5㎞+ビーチラン2.5㎞)」、「チームリレー(駅伝)の部(スイム0.5㎞+ビーチラン1.5㎞×3名)」の三種目が行われ、お台場の夏を盛り上げた。

晴天に恵まれた会場は、気温、水温ともに高く、灼熱の日差しの中でのレースとなった。

「ソロの部A」では、北京五輪トライアスロン日本代表の山本良介が鮮やかな泳ぎと走りで、トップアスリートの強さを見せてくれた。

「ソロの部B」では、日本体育大学トライアスロン部の田中文也主将が2位以下に5分の大差をつけてゴール。若い力が育ってきていることを感じさせた。

「チームリレー」でも各チームすばらしいレースを見せてくれた。ビーチバレーボール日本代表の朝日健太郎、フジテレビアナウンサーの榎並大二郎も会場を沸かせていた。

 

爽やかな海風の中、選手、観客共にアクアスロンを楽しめた大会となった。

オリンピック開催地決定まであと数日、お台場でトライアスロンが開催されることを心から祈りたい。

 

お台場合衆国アクアスロン2013  大会詳細・ギャラリーはこちら →|

 

odaiba2013.jpg