「うつくしまトライアスロンinあいづ」開催決定!

2011. 06. 10
fukushima.jpg

 

3月11日に発生した東日本大震災の影響で開催が危ぶまれていた「うつくしまトライアスロンinあいづ」の開催が決定し、エントリーが開始している。

 

今回の震災による福島県の被害は死者・行方不明者約2000人、住宅全壊1万4000強と伝えられているが、今も放射能被害の中で行方不明者捜索は続いており、原発による風評被害も報じられている以上のものがある。

このような状況下での開催には、猪苗代湖の水質問題やフィニッシュ会場となっている会津大学の節電対応、警察官の人員問題、選手・ボランティアが集まるかどうかなど多くの検討課題があったが、「苦しいときこそ力を合わせて開催を」という実行委員会の強い決意により決定した。

 

5月30日には、福島県教育委員会が「屋外プールの授業可能(中通り)」を判断している。会場である会津は、奥羽山脈を越えた先にある。

 

「多くのみなさんに参加していただき、被災者・避難者に勇気と笑顔をプレゼントしていただきたい。参加申込みを心よりお待ちしています」(森崎俊紘実行委員長)。

 

震災の影響により今大会に限りコースの変更があり、バイク・ランはすべて猪苗代町内だけのコース設定となっている。

 

詳しくはこちら 福島県トライアスロン協会 : http://star.ap.teacup.com/applet/f-triathlon/20110602/archive

『うつくしまトライアスロン in あいづ』 : http://www.minyu-net.com/event/tora/tora.html

トライアスロンスタイル「使える!大会情報」 : http://triathlon-style.com/race/area_tohoku/ts023/