カーフェルトWCS初優勝!世界選手権シリーズ第4戦ハンブルク大会

2011. 07. 20

7月16日(土)ドイツ・ハンブルクでITU世界選手権シリーズ(WCS)第4戦ハンブルク大会が開催された。

 

レースはラン最終回に入っても6人が集団を形成する大混戦。この白熱したレ―スを制したのはブラッド・カーフェルト(オーストラリア)。トップと1秒差でウィリアム・クラーク(イギリス)、ダビ・ハス(フランス)が入った。

 

カーフェルトはWCS初優勝。今シーズンワールドカップムールラバ大会に続く2度目の優勝を手にした。

 

開催日:2011年7月16日

開催地:ドイツ・ハンブルク

競技距離:オリンピックディスタンス(51.5km スイム1.5km/バイク40km/ラン10km) ITU(国際トライアスロン連合)公認

 

<トップ3と日本人男子選手結果詳細>

順位 選手名 タイム
1位 ブラッド・カーフェルト(オーストラリア) 1:44:08
2位 ウィリアム・クラーク(イギリス) 1:44:09
3位 ダビ・ハス(フランス) 1:44:09
30位 田山寛豪(NTT東日本・NTT西日本/流通経済大学職員) 1:46:22
44位 山本良介(トヨタ車体) 1:48:08

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

(社) 日本トライアスロン連合(JTU) 事務局

JTU事務局 TEL03-5469-5401(代)

広報担当:090-3204-3126