トライアスリートのチカラを東北へ 花巻便り1

2011. 07. 26

hanamaki01.jpg

 

8月28日(日)、岩手県花巻市にて地域興しと被災地支援が目的の第1回「東和エンジョイデュアスロン」が開催される。本大会のコースの特徴、今後の目標などについて岩手県トライアスロン協会副会長・小瀬川正さんにお話をうかがった。

 

3年後、再びトライアスロン大会開催をめざして。

 

「東和エンジョイデュアスロン」はレンタサイクルを20台用意、ママチャリでの参加もできるそうですね。

 

「レンタサイクルとママチャリは、ロードレーサーを持っていない子供や女性でも気軽に参加してもらうために提案しました。県外からの参加者には1日500円のレンタサイクルを利用して、萬鉄五郎記念美術館や木彫りの毘沙門天立像のなどを見て回ってもらえたら嬉しいですね。

今年は"釜石はまゆり国際トライアスロン大会"の開催が難しく、これまで続いてきたトライアスロンの火を絶やさないためにも"はまゆりに代わるようなものを"と皆で話し合ってきました。大会当日は地元の特産物を用意した催しもあり、東和町のよさを集めた大会にしようと、地元のみなさんや関係者が頑張っています。たくさんの人に来ていただければと思います」

 

 

hanamaki02.jpg

東北の田園風景が広がるレギュラーの部バイクコース折り返し付近。2キロの登り坂(勾配7~9%)を4往復する。

バイクコースは自慢のヒルクライムだとうかがっています。

 

「レギュラーの部のバイク距離は20キロ。ミニヒルクライムとミニダウンヒルを4往復する他にはないコースです。DHバー禁止で競技性のない大会ですが、個人ががんばるのは歓迎ですし、インターバルトレーニングや力試しのつもりで参加していただいてもいいと思います。ランもバイクも東北の田園風景を楽しむことができ、参加者には会場となっているホテル「フォルクローロいわて東和」の温泉割引券を配布します。競技終了後、源泉掛け流しの湯でゆっくり汗を流してくだい」

 

 

岩手県で再びトライアスロン大会が開催されることを多くのトライアスリートたちが願っています。

 

「まずはこの大会を続けることが大切ですが、できれば3年後くらいに東和町にある"田瀬湖"で大会を開催したいと考えています。田瀬湖は渓流釣りなどもできる水質のよい人工湖で近くの道路は道幅も広く、トライアスロンに適しています。大会開催となれば調査も必要ですし課題もありますが、皆で力を合わせて再び岩手県でトライアスロン大会を開催したい。それを実現させることが応援してくださっている全国のトライアスリートの皆さんへのお返しにもなると思っています」

 

締め切りは8月10日(水)、定員は200名。

詳しくは、こちら →|

 

 

hanamaki03.jpg 東和町出身の画家、萬五郎記念美術館から徒歩10分のところにある館山公園。公園から会場となる町内が一望できる。

萬五郎記念美術館

 

hanamaki04.jpg大会会場となるフォルクローロいわて東和。大会参加者は宿泊費が20%割引になる(予約時に申し出ること)。

地元の特産品を集めた会場には、地元ワイナリーのワインや地ビール、調味料などのほか、南部鉄の風鈴や鉄瓶、民芸品などの販売も。

フォルクローロいわて東和

 

 

写真提供:花巻鉄人会