ホノルルトライアスロン2015に元プロロードレーサーの宮澤崇史氏の出場決定

2015. 01. 17

honotri_miyazawa.jpg

 

2015年5月17日(日)に開催されるホノルルトライアスロン2015に、元プロロードレーサーの宮澤崇史氏が出場することが、大会を主催する株式会社アスロニアから発表された。

宮澤崇史氏はプロロードレーサーとして18年間、国内・海外のレースで活躍。日本では2010年に全日本選手権大会で優勝して全日本チャンピオンとなり、同年アジアオリンピックでは銀メダルを獲得した。2012年からはツール・ド・フランスの強豪「Team Saxo-Tinkoff」に在籍し、2014年に現役引退した。現在はセミナーや支援活動、若手育成に取り組み、雑誌などの執筆活動など、自転車のみならず多岐にわたって活動している。

 

【宮澤崇史氏のコメント】

宮澤崇史は2015年ホノルルトライアスロンにチャレンジします。
トライアスロンの中ではとても人気のあるホノルルトライアスロンは、ハワイならではの暖かな気候、景色を楽しみながら、自分自身のゴールに向かって全力で走り抜けたいと思います。
ホノルルを最高に楽しみましょう!
参加者のみなさんと現地でお会いできることを楽しみにしてます!

 

【宮澤崇史氏プロフィール】

1978年2月27日生まれ 長野県出身

高校生でシクロクロス世界選手権に出場、卒業後はイタリアのチーム所属し、ロードレーサーとしての経験を積む。その後、フランスで単独活動、オリンピック出場や日本チャンピオン、アジアチャンピオンなどの実績を重ねて2014年に引退。プロチーム在籍中には、リーダージャージ(個人総合時間賞)・ポイントジャージ(スプリントポイント)に日本選手として唯一袖を通した。

●主な戦歴
2006年~2007年 ツールドおきなわ 大会史上初の2年連続優勝
2007年 アジア選手権優勝 アジアチャンピオン
2008年 北京オリンピック出場
2008年~2009年 ツールド北海道 大会史上初2年連続総合優勝
2010年 全日本選手権大会優勝 全日本チャンピオン
2010年 アジア競技大会(アジオリンピック)出場 銀メダル獲得

●優勝回数
19回

●日本代表選出
世界選手権5回、オリンピック1回、アジアオリンピック2回