トライアスリートのチカラを東北へ 釜石便り1

2011. 05. 20
kamaishi_1.jpg

 

メッシュのTシャツを釜石へ送ろう!

 

歴史あるトライアスロン大会のひとつとして知られる「釜石はまゆりトライアスロン国際大会」実行委員会は、昨日、本年度の大会の中止を発表しました。

そして本日午後、岩手県トライアスロン協会・小林格也会長から連絡がありました。震災後、ご本人との初めての電話連絡です。

今回の震災で協会の事務局機能は失われたが、復興の第一歩としてクラブハウスに拠点を移し、電話とファックスを確保。インターネットでの情報も送受信できるようになった、とのことでした。

いつものあの元気な大きな声で、電話口から復興へ向けた足取りを伝えてくれました。

 

「トライアスロン大会はまだ無理だけれど、地域の人を元気づけるためにも、マラソン大会などを企画したい」(小林会長)

 

トライアスロンスタイル編集部に何かできることはないかと聞いたところ、「速乾性のメッシュのTシャツを送ってくれないか」という申し出がありました。

ここ数日、釜石でも暑い日が続くようになり、メッシュのTシャツは乾きも早く、着替えに重宝するのだそうです。まだまだ物資が足りないことがわかります。

トライアスロンスタイル編集部では要望に応え、メッシュのTシャツ(未使用・サイズ不問)を送ることにいたします。ご賛同くださる方は、下記要領にて送付ください。

 

1.今回集めるもの

速乾性(メッシュ)の未使用Tシャツ

サイズは問いません。

2.今回の締め切り

5月31日(火)着 ※受付を締め切りました。たくさんの力をありがとうございます。  → トライアスリートのチカラを東北へ 釜石便り2

3.送付先と宛名

〒101--0052

千代田区神田小川町3-9-6 Cforce Bld.6F

TEL : 03−5281−5155

トライアスロンスタイル編集部 吉本拓也

※編集部から釜石への運送費は編集部が負担します。申し訳ありませんが、編集部までの運送費は元払いにてお願いします。

 

トライアスロンスタイル編集部では、今後も自分たち「トライアスリート」ができる支援活動を続けていきます。

支援要請や結果、復興の様子などは、随時こちらで報告します。ご協力をお願いいたします。

トライアスロンスタイル編集長 吉本拓也

 

■ トライアスロンニュース:トライアスリートのチカラを東北へ 釜石便り2