ジテ通ハウス、故障を防ぐ北米流のフィッティングサービスを開始!

2010. 07. 26

jite2house - 46s.jpg(株)サイクルアンドシティは、運営するシャワー・更衣室付駐輪場「ジテ通ハウス」内にアメリカBikeFit Systems社のメソッドを生かした専用の測定機材・設備を設置し、8月2日よりフィッティングサービスの提供を開始する。

これまで日本におけるポジションといえば、サドルの高さ、前後位置、ステム、ハンドルなどの位置関係などの乗車姿勢(フォーム)と踏み方、引き脚、巻き脚、アンクリング、ケイデンスといった漕ぎ方(ペダリングスキル)だったが、今回のサービスは、欧米の自転車業界では半ば常識でもある靴とペダルの固定関係におけるポジショニングについて提案し、ビンディングによる足の固定位置を修正することで膝周りの障害を防ぎ、よりよい状態でバイクに乗ってもらおうというもの。

フィッティングサービスのメニューは、足元(ペダル)からサドル高さ・位置、上半身(ハンドル・ステム)まですべてをトータルに行う "BIKE FIT" が基本。膝の故障経験やフィッティングには関心があるが、自転車を持ち込んでのフィッティングは時間も費用もかかり大変という人のために、勤め帰りでも手軽に利用可能なペダリング診断とクリート調整のみを行う"クリートFIT"も用意。より幅広く手軽にフィッティングサービスを受けられるよう考慮している。

 

■料金・予約等、お問い合わせは

ジテ通ハウス

http://www.jite2.com

株式会社 サイクルアンドシティ

TEL:03-3518-2805 FAX:03-3518-2855

E-mail : hiroshi.harada@jite2.com

 

■「BIKE FIT」の詳細は

http://bikefit.jp/

 

 

(Text:Yoshiko Kokubo)