NEW BMW 5 SERIES.|BMW Japan

Calendar

Area

第36回全日本トライアスロン皆生大会

第36回全日本トライアスロン皆生大会

日本トライアスロン発祥の地である皆生大会のスイム会場は、皆生温泉海岸。バイクは国立公園の大山山麓道路(1市4町村)を走り、ランの東山陸上競技場がゴールとなる。交通規制をしない大会でもある。

トライアスロンスタイル大会レポート

大会名
第36回全日本トライアスロン皆生大会
アピールポイント

皆生は昭和56年(1981)、皆生の海や大山山麓の豊かな自然を活かして、日本初のトライアスロンが開催された発祥の地です。

開催地
鳥取県米子市
開催日程
2016/7/17(日)
競技・種目
【個人の部】
S:3km / B:140km / R42.195km
【団体の部(3名で1チーム)】
S:3km / B:140km / R42.195km
制限時間
S:7:00~9:00
B:~15:30
R:~21:30
(総合制限時間14時間30分)
コースの特徴
S:7皆生温泉海岸沖日本海(皆生温泉海岸~県営米子屋内プール裏)
B:県営米子屋内プール~国立公園・大山山麓道路~県営米子屋内プール(1市4町村)
R:県営米子屋内プール~境港市~どらドラパーク米子陸上競技場
表彰
男子総合の部  1位~8位
女子総合の部  1位~6位
男子並びに女子年代別の部 ※各部1位~3位 ただし男女総合の部入賞者は除外
①19~24歳 ②25歳~29歳 ③30歳~34歳 ④35~39歳 ⑤40~44歳
⑥45~49歳 ⑦50~54歳 ⑧55~59歳 ⑨60~64歳 ⑩65歳以上
特別賞(山陰信販賞)※鳥取、島根両県選手が対象
クラブ対抗の部(鳥取県知事杯) 1位~3位
※個人の部出場者からクラブチーム単位に完走者の上位3人のタイムを合算して成績優秀なチームを表彰します。
参加資格
大会当日満19歳以上の健康な男女で、水泳・自転車・マラソン大会等の競技に出場経験があり、スポーツマンとしてのマナーを身に付け、制限時間内に余裕を持って完走できる体力、気力を有すると認められる者。
選考方法
定員を上回る申し込みがあった場合、書類選考により定員枠の出場選手を決定します。
定員
【個人の部】
940名
【リレーの部(3名で1チーム)】
60チーム
参加費
【個人の部】
39,000円
【団体の部(3名で1チーム)】
48,000円(1チーム)
※表彰パーティー参加費、傷害保険料含む。
※ネット決済の場合は別途手数料がかかる場合があります。
主催
皆生トライアスロン協会、鳥取県観光連盟、米子市観光協会
大会事務局
皆生トライアスロン協会
〒683-0001
鳥取県米子市皆生温泉3-1-1
TEL:0859-34-2819 FAX:0859-22-7415
MAIL:info@kaike-triathlon.com
大会サイト
http://www.kaike-triathlon.com/
エントリー期間
2016/2/20~2016/3/31
エントリー方法
郵送、インターネット
エントリーURL
http://www.kaike-triathlon.com/moushikomi/
前回大会情報
第35回全日本トライアスロン皆生大会
開催日:2015/7/19(日)