NEW BMW 5 SERIES.|BMW Japan

大雪山忠別湖トライアスロン in ひがしかわ

大雪山忠別湖トライアスロン in ひがしかわ

RACE DATA

天候 晴れ
気温 33℃
水温 21℃
参加者数 ゲスト 4名
日本選手権予選会の部 6名
学生選手権予選会の部 6名
一般男子の部 262名
一般女子の部 44名
高校生の部 1名
リレー 13チーム
ジュニア 49名

取材した人:吉本拓也

「大雪山忠別湖トライアスロンin ひがしかわ」は、北海道の数少ないオープンウォーターの大会だ。今年で5回目だが、美しい風景ともてなしが口コミでひろがり、今や全国から選手がやってくる人気大会に成長した。
今回は災害に見舞われ、予定したコースが使えず一時は開催が危ぶまれたが、主催者の奔走とコース変更によって開催にこぎつけたという経緯がある。スタート前に選手から「開催ありがとう!」の声が飛ぶなど、終始あたたかい雰囲気に包まれていた。
スイムは大雪山の雪解け水で毎年水温が20℃をきるほど低い忠別湖だが、今年は21℃と比較的温かく、スイムリタイヤも少なかった。バイクコースは忠別湖周回に変更されたが、北海道らしいロケーションが最高で、選手からは「今回のほうがいい」という声も聞かれた。レース後は大会名物のジンギスカンパーティーという楽しみが待っている。夏の北海道を思う存分味わえるこの大会は、今後も順調に育っていくと思う。

PROFILE

吉本拓也

本職は広告や雑誌のアートディレクター。徹夜仕事に追われていた20代後半、体調を崩したのをきっかけにジョギングを始め、マラソン大会に頻繁に参加するようになる。3年後の1999年に新島大会でトライアスロンデビュー。以来、トライアスロン好きが嵩じて大会ポスターやショップ広告、雑誌などの制作に関わるようになる。トライアスロン歴12年目の43歳。