第27回全日本トライアスロン宮古島大会 PART2

第27回全日本トライアスロン宮古島大会 PART2

RACE DATA

天候晴れ
気温19.6℃
水温21℃
風向き北東
風速1.3メートル
スタート1346名(男子:1176名 女子:170名)
完走者数1213名(男子:1070名 女子:143名)
完走率90.1%(男子:91.0% 女子:84.1%)

2011.4.21
羽田空港6:55発→宮古島空港10:00着→現地では基本的にレンタカー移動

2011.4.26
宮古島空港12:00発→(那覇経由)→羽田空港15:55着

取材した人:吉本拓也

■ 第27回全日本トライアスロン宮古島大会 PART2

ロングのトライアスロン大会の中でもリピート率が高く、一番人気を誇る宮古島大会。
今年は例年よりも約1週間遅く、4月最終週の日曜日に開催されました。
本大会の人気の秘密は、東洋一を誇るエメラルドグリーンの海と島をあげての歓迎ムード。
選手たちが島を訪れるのは短い期間ですが、大会開催のための準備は1年前から始まっており、たとえば、沿道や競技場に置かれた色とりどりの花は、子供たちが種を蒔き、育て、咲かせたもの。その過程は、子供たちの情操教育にも役立っていると聞きます。
また、さとうきび収穫が忙しいなか、個々に道路を清掃して選手の安全を確保する姿は、27回という歴史に支えられ、積み重ねられてきた大会への「想い」として感じられます。
大会前日は宮古島らしい強風が吹き荒れましたが、当日は打って変わって風がなく、波も穏やかな絶好のコンディションに。開催目的に掲げた「復興支援」にふさわしい、気持ちのよい1日となりました。

■ 4月24日(日)決戦の朝!

絶好のコンディションのなか、7:00の号砲とともにスタート。レースの制限時間は、13時間30分。競技終了時間の20:30、花火の打ち上げと同時に競技場の門が閉まった。
21:00~23:00までバイク引き渡し。

PROFILE

吉本拓也

本職は広告や雑誌のアートディレクター。徹夜仕事に追われていた20代後半、体調を崩したのをきっかけにジョギングを始め、マラソン大会に頻繁に参加するようになる。3年後の1999年に新島大会でトライアスロンデビュー。以来、トライアスロン好きが嵩じて大会ポスターやショップ広告、雑誌などの制作に関わるようになる。トライアスロン歴12年目の43歳。