Race Search

大会検索

Pycno Racer アンチドーピング認証※! レースでのパフォーマンス向上をサポート!限界突破へ!昨日の自分を超えていく!

「あったらいいなをカタチにする」でおなじみの小林製薬が、同社初となるスポーツサプリメントを開発。その名も「ピクノレーサー」! 製薬会社ならではの独自の研究・開発力を活かし、持久系パフォーマンスの向上をサポートするというエビデンス(科学的根拠)を獲得しており、すべてのトライアスリートにとって試す価値がある大注目のサプリメントだ。

ピクノレーサー開発者 今井乾介さんが、
加藤 友里恵選手に感想を聞きました!

「飲み始めてから、後半の失速が少なくなった」

私がピクノレーサーを飲むタイミングは朝の練習前、最後のスイムが終わった後の1日2回です。実際に飲み始めて感じたのはリカバリーにいいということ。練習がハードだった日には2袋飲んでから寝るのですが、翌日の抜け方が違います。パフォーマンス向上という意味ではVO2MAX(最大酸素摂取量)を高めることが大切だと思うのですが、特にレースの時にランパートにおける後半の失速がなくなったと感じており、これはピクノレーサーを飲み始めてハードな練習に取り組めているからかなと思っています。
普段はドーピングのことが気がかりでサプリメントは積極的に摂らない方なのですが、ピクノレーサーは製薬会社さんがつくっているので安心ですし、飲むメリットもしっかり見えているので続けたいと思っています。あと、ザクロ風味で美味しいのも魅力ですね(笑)。

加藤 友里恵 選手

実業団で長距離陸上選手として活躍したが、足の故障をきっかけにトライアスロンへ転向。2016年4月のITU世界トライアスロンシリーズケープタウン大会で8位入賞を果たした。

製品開発担当
今井 乾介さん

ピクノレーサーブランドマネージャー。ロードバイク愛好家で、プロジェクトをきっかけにトライアスロンにも挑戦。ピクノレーサーを1年間テストして、その良さを実感している。

イタリアの大学による研究試験で検証キロ5:55ペースの方に春季トレーニング(1 日2 回30 分間)再開時に摂取するとランタイムが3 週間で、1k m 当たり27秒/km 短縮!

日々の練習、あるいはレースの中で、まだまだパフォーマンスを高められると感じているトライアスリートも多いのではないだろうか。そうした人に注目していただきたいのがピクノレーサーが持つエビデンスだ。市民ランナーを対象に、ピクノレーサーに配合されている成分を3週間摂取した試験では、ランタイムの記録が「1kmあたり27秒短縮※」という結果が得られている。また、より多くの酸素を体内に取り入れ、エネルギーを作り出せるかの指標となるVO2MAX(最大酸素摂取量)に換算すると、その数値は向上しており、データ上で見ても27秒/km短縮というのは偶然ではないということがわかる。ちなみに、トライアスリートでもあるピクノレーサーの開発担当者も、レース中や練習前後に摂取しており、その効果を実感した上で発売したという肝いりだ。より密度の濃いトレーニングをサポートすることはもちろん、レース前のコンディショニング、レース中のパフォーマンス向上にも期待ができる。また、そのままでもさっと飲めるのでレース中やトランジションで摂取するなど、様々なシーンで活用が広がりそうだ。

3週間、1日2回の30分間トレーニングとともに摂取し、12分間走を実施したところ…
摂取群 5:55/km ⇨ 4:59/km
対照群 5:54/km ⇨ 5:25/km
VO2MAX(最大酸素摂取量)換算だと…
摂取群 34 ⇨ 44ml/min/kg
対照群 34 ⇨ 38ml/min/kg

※イタリアの文献による。
試験方法:2018 年4 月~6 月(平均気温:18 ℃~22 ℃)において、冬季に屋外でのランニング量が比較的減少した期間を経て春季にトレーニングを再開する健康な被験者(いわゆる市民アスリート、プロアスリートを除く)55 名(平均年齢31 歳± 3 歳)を対象に、1本あたりピクノジェノール®15mg、分岐鎖アミノ酸(BCAA)1200mg(L- ロイシン600mg、L- イソロイシン300mg、L- バリン300mg)、及びL- アルギニン300mg を含むドリンクを1 日4 回(8 時、12 時、18 時、20 時)、1 日計ピクノジェノール®60mg、BCAA4800mg及びL-アルギニン1200mgを毎日摂取した上で、1日2回のトレーニング(10時~12時及び18時~20時の中で30分間トレーニング:ウォーミングアップ&ストレッチ、陸上トラックでのクーパーテスト(12分間走)及び軽いランニング)を3週間継続して実施した。対照群は同様の健康な被験者61名(平均年齢31歳±3歳)を対象に水で希釈した電解質溶液を摂取群と同様のタイミングで摂取し、摂取群と同様のトレーニングを実施した。

●摂取前後(後は3 週間後)におけるクーパーテスト(12 分間走)の結果から平均タイムに換算。摂取群(摂取前:5分55秒±30秒/km、摂取後:4分59秒±27秒/km)、対照群(摂取前:5分54秒±31秒/km、摂取後:5分25秒±29秒/km)。摂取群と対照群及び摂取群の摂取前後はいずれもp < 0.05、対照群の前後は有意差なし。Vinciguerra, G. et al. : PYCNORACER®, A FITNESS DRINK INCLUDINGPYCNOGENOL® IMPROVES RECOVERY AND TRAINING IN THE COOPER TEST.Panminerva Medica 2019

持久系パフォーマンス向上の鍵となる ピクノジェノール®

ピクノレーサーには、多くのスポーツサプリメントに含まれているBCAAやアルギニンといった成分が高配合かつ良好なバランスで配合されているが、最大の特徴は、そのネーミングの由来ともなっている「ピクノジェノール®」という成分だ。ピクノジェノール®とは、フランス南西部の海岸で育つ松の樹皮1000kgからわずか1kgしか取れないという希少なエキスのこと。プロアントシアニジンが豊富に含まれ、40種類以上も有機酸を含有していることから、EU 圏内ではさかんに用いられ、その有用性に対して数々の研究が行われている。

小林製薬ではこの成分に早くから着目し、様々なサプリメントに配合してきたが、ピクノレーサー開発のきっかけとなったのが「持久系競技でパフォーマンスが上がる」というデータ※だ。データがあるからこそ、今までスポーツ業界に縁のなかった小林製薬がピクノレーサー開発に乗り出した。すぐさま製薬会社の研究・開発力を活かして商品化し、さらには、LGC社のアンチドーピング認証も取得するなど、アマチュアはもちろんプロアスリートのパフォーマンス向上までサポートする、業界初のピクノジェノール®入りスポーツサプリメントとして誕生した。

PycnoRacer
PycnoRacer
  • ピクノジェノール® 60mg
  • アルギニン 1200mg
  • BCAA 4800mg
  • ロブビット® 10mg
  • 30袋入 顆粒タイプ・ザクロ風味
  • 1日目安量 2袋
  • BCAA 4800mg
  • 9,000円(税別)

お問い合わせ先:●小林製薬株式会社  TEL.0120-63-9876